海とうに

房総ビーチコーミングで不思議なものを探して・・・
2015年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年06月
ARCHIVE ≫ 2015年06月
      

≪ 前月 |  2015年06月  | 翌月 ≫

『標本学』と『標本の作り方』

県立図書館にて取り寄せた2冊はとても専門的で詳細な情報が書かれてました。

『標本学』は「動物、植物、化石・古人骨、岩石・鉱物」と
標本素材ごとの標本方法をそれぞれの専門家が書いています。
表紙にパイプウニやカシパンの写真があるから魅かれたけど、
棘皮動物のページには写真の掲載はほとんどありません。

棘皮動物   藤田俊彦 著  全7ページ
   1.生息地と採集方法
   2.写真撮影の方法
   3.標本の固定、保存
   4.標本の同定
   5.標本の登録、管理、貸出



スポンサーサイト
標本 | Comments(0) | Trackbacks(-)

大地の芸術祭2015

≪大地の芸術祭2015 越後妻有アートトリエンナーレ≫ 2015.07.26(日)~09.13(日)

北川フラム氏が総合アートディレクターを務める第6回目の大地の芸術祭が開催される。
この夏は新潟の地でアートと戯れるそ、と計画を練る日々です。

早速購入した『公式ガイドブック』でルートを予習して・・・
宿泊場所も確保して・・・何がおきるか「夢の家」・・・
各作品やアーティストのコンセプトが描かれている『芸術は地域をひらく』を読んで・・・
頭の中はすでに新潟の地へ・・・

できれば指輪ホテルのチケットを早々に入手したい。





アート | Comments(0) | Trackbacks(-)